head_img

国産と外国産のカニの味に違いはある?どちらがおいしい?



他の食べ物と同じく、カニにも国産と外国産が存在します。

通販で販売されているカニの産地を見ていただければ分かると思いますが、カニの種類によっては外国産が多いものもあります。

日本では、食べ物に関しては国産が良いという考えの方が多く、どうしても外国産というと劣るイメージがついてしまいがちですが、実はカニは種類によっては国産も外国産も味は変わりません。

同じ種類のカニでも国産と外国産では、外国産の方が安い傾向にあるため、漁獲後の保管処理をキチンと行っているのならば、外国産を買った方がお得な場合もあります。




外国産でも美味しいカニは?



国産と外国産で味に違いがないのは、タラバガニです。

外国産のタラバガニというと、ロシア産やカナダ産のものをよく見かけますが、ロシアやカナダは日本よりも水温が低い地域にあるため、国産のタラバガニよりもカニの身入りがよく、甘みも強いと言われています。

また外国産のタラバガニの方が、日本産のカニよりも生息数が多いために獲れる量も多く、価格が安くなりやすいです。

お店で販売されている、両方のタラバガニの価格を見比べていただければわかりますが、ロシアやカナダ産のタラバガニ方が安いことが多いですよね?

安くて味が変わらない(むしろ美味しい)のであれば、外国産の方がお得だといえるのではないでしょうか。




国産の方が美味しいカニ



タラバガニは国産でも外国産であっても、さして味は変わりませんが、ズワイガニに関しては、国産と外国産では味は変わってきます。

ズワイガニは傷みやすい品種であるため、遠方からの輸送で品質が落ちやすいんですね。

最近は冷凍技術も発達し、外国産のズワイガニであっても美味しく食べられるようになってきましたが、それでも国内の方が美味しい傾向にあります。

日本のズワイガニは産地によってブランド化されているものも多く、そういったものは保管や流通などに徹底的にこだわられているため、ギフトなどにも人気です。

価格は高くなりますが、外したくないのなら国産のズワイガニを、味はそこそこで安いものを買いたいというのなら、海外産を選ぶと良いでしょう。




カニは国産・外国産にかかわらず、保管の仕方によって味が大きく変わる



ここまで、国産と外国産のカニの味についてお話ししましたが、実はカニの味を一番左右するのは、獲れてからの時間や輸送形態など、カニ以外の要素だったりします。

昔々の外国産のカニが美味しくなかったのは、流通過程でカニの管理をいい加減にしていたからです。



カニは獲れてから茹でるまでの時間や、冷凍までの時間、さらに冷凍している期間がどれくらいであるのかによって、味が変わってきます。

最近の業務用冷凍庫は高性能ですから、できるだけ早く冷凍すれば、獲れてから少々時間が経っていたとしても味の劣化はありません。



しかし様々な理由で、味が落ちてしまっているカニも市場には出回っています。

例えば、最初からボイルして売るつもりのカニなら、獲れてから時間をおかずに冷凍されるため、味の劣化は最小限に抑えられます。

しかし活ガニで売るつもりでいたカニが売れ残り、仕方がないので茹でて冷凍した・・なんてパターンだと、獲れてから冷凍されるまでにかなり時間がたってしまっているため、味も落ちているでしょう。

また、売れ残った等の理由で解凍と再冷凍を繰り返したカニも、当たり前ですが不味いです。

さらに、漁獲後すぐに冷凍されたカニであっても、2年を超えるなどあまりにも冷凍保存期間が長いと、やはり味は悪くなってしまいます。



国産ガニであっても外国産ガニであっても、良心的な業者にきちんと管理されたカニであれば、品種ごとの味の違いはあったとしても、そのカニなりの美味しさを楽しめるはずです。

カニを買う際は、国産や外国産にこだわるよりも、どういう風にカニを扱う業者なのか、という点を重視するようにしましょう。





 

ページトップに戻る