head_img

生・ゆで・冷凍カニの保存の仕方について



カニは保存の仕方によって大きく味が変わります。
うまく保存すればおいしいまま長持ちさせられますし、保存の仕方が悪いとすぐに味が落ちて美味しくなくなってしまいます。

家庭の冷凍庫では長持ちするといっても知れていますが、買いすぎたカニを来週まで保存したい…なんて場合に保存の仕方を知っていると便利です。

というわけで今回は、様々な状態のカニの保存方法について解説します。



冷凍ガニの保存方法


冷凍ガニを保存する場合は、必ず冷凍庫で保存してください。
かなり水が出るため、水を吸わせるために新聞紙でくるんだり、ラップなどでもしっかりと密封するようにしましょう。

業務用の冷凍庫では1年以上もちますが、家庭の冷凍庫では、2〜3週間程度の保存が限度です。食べられなくなるわけではありませんが、長期保存すると味が著しく落ちてしまいます。


ボイルガニの保存方法


ボイルしたカニを保存する場合、冷蔵庫なら2日程度、冷凍庫の場合は3日〜4日程度の保存が可能です。

冷凍だとかなり持つと勘違いしている方もおられるようですが、冷凍ガニに比べると保存期間がかなり短いため注意しましょう。

ちなみに足などバラバラの状態のカニは、姿のままのカニよりも若干長持ちします。(といっても1〜2日程度長持ちするだけですが)

いずれも乾燥を防ぐために、保存する際は新聞紙やラップでしっかりと密閉してください


生ガニの保存方法


生ガニを保存する場合は、必ず茹でてから保存するようにしてください。生のまま保存すると、酸化で身の色が変わったり、味も美味しくなくなってしまいます。

保存期間は冷蔵庫でおよそ2〜3日、冷凍庫だと1ヶ月持たせることができます。




冷凍したカニの解凍方法



冷凍したカニを解凍する場合は、常温で一気に解凍するのではなく、冷蔵庫内でゆっくりと解凍させるようにしてください。

短時間で解凍すると水分といっしょに旨味も流れてしまい、美味しくなくなってしまいます。

一度解凍したカニはその日のうちに食べてしまうのが理想ですが、やむをえず保存する場合は、冷蔵庫で最長2日程度までと考えてください。

もちろんカニの部位や保存状態によっては、すぐに食べてしまった方が良い場合もあります。

特にカニ味噌は日持ちしませんので、解凍したらすぐに食べましょう。




賞味期限はあてにしない

冷凍ガニなどだと、パッケージに賞味期限が書かれていることがありますが、家庭の冷凍庫では記載の賞味期限よりもかなり短くなると考えた方が安全です。

たとえ賞味期限が1年とかかれていたとしても、1年置いたカニは間違いなく美味しくなくなっています。できれば、3週間以内くらいには食べてしまうようにしましょう。





 

ページトップに戻る