head_img

自宅でカニの刺身を食べたい!カニ通販で刺身は買えるの?



カニは茹でたり焼いたりしても美味しいですが、刺身はそれ以上に絶品です。

しかし、市販では簡単に鮮度の高いカニが手に入り難いということもあり、お店や漁港などが近い環境にいなければ食べられない・・なんて思っている方は少なくありません。

実際、スーパーやカニ通販などでもカニのお刺身は見かけません。手に入るものは、茹でガニや焼きガニ用のカニがほとんどです。

しかし、実は通販でも刺身用のカニを売っているお店はあるんですよね。




通販でも刺身用のカニを扱っている店舗は存在する

お刺身は非常に新鮮な状態のカニでしか食べられません。
鮮度管理が難しいのですよね。

通常は漁場に近い場所にいるか、カニの刺身を扱っているお店でしか食べられないと思います。

もちろん、通販でもあまり見かけませんが、以下の店舗ではカニのお刺身が食べたいという方のために、あえてお刺身用のカニを販売しています。

予め殻をむいてあるため、殻をむくのが面倒・・・という方にもおすすめ。
量の割に価格は手頃と、お刺身好きにはたまりません。



カニ本舗の「お刺身用カニ脚肉むき身」




カニ本舗では、もともとお刺身用のカニは扱っていなかったのですが、お客様の要望に応える形でお刺身用のカニを入荷するようになりました。

刺身はもちろん、カニしゃぶや焼きガニなど、様々な料理で楽しむことが出来る美味しいカニです。

殻むき済みだから、殻をむく手間もなく、ボリュームあるカニ肉をたっぷりほおばって食べることができます。

口の中でとろける、甘味あるカニの旨味がたまりません。ギフトにも一押しです。





かにまみれの「本ずわい蟹生フルポーション身」




お刺身・かにしゃぶ用として販売されている、かにまみれの本ずわい蟹生フルポーション。

本ズワイガニのボリュームある脚を、生の状態でむき身にし、特殊な瞬間冷凍加工を施したカニのポーションです。

予め殻が剥かれているため、手を汚すことなく気軽に食べられます。

生で食べる場合は、表面のみサッとお湯にくぐらせ、氷水で締めてから刺身としてお召し上がりください。

ぷりっぷりの甘味あるカニ脚を、存分に楽しめます。






活けガニを購入して刺身で食べるという手も



カニのお刺身を食べたいのなら、刺身用として売られているカニを買うのが手軽ですが、自分でカニをさばくことが出来るのなら、活けガニを買って刺身で食べるという手もあります。

ただ、活けガニはあまり売られていないこと、また出荷した時点では生きていたとしても、配送中に死んでしまう可能性もあります。

生きていたとしても届いたらすぐに食べる必要がありますし、もし死んだカニが届いた場合、お刺身で食べるのはやめておいた方が無難です。

もし、あなたが漁港の近くなどに住んでおり、活けガニが手に入りやすいというのならばともかく、通販でしか入手できないのなら、刺身を食べるために活けガニを購入するというのはあまり良い考えとは思えません。




生(刺身)でOKと書かれているカニ以外、生で食べるのはNG



単なる生ガニをお刺身にして食べると良いのでは?と思われる方もおられるもしれません。生ガニであれば、刺身用よりも手に入りやすいですよね。

しかし、商品に「お刺身用」「生で食べてもOK」といった記載がない場合は、生では食べないでください。

生ガニは死んだカニです。
ちゃんとしたお店で売られているものなら、鮮度はそこそこ高いと想像できますが、基本的に加熱して食べることを想定して売られてます。

刺身で食べたからといって必ずしもお腹を壊してしまうとは限りませんが、食中毒の心配があるため、必ず加熱して食べるようにしてください。




個人的には刺身用のカニを購入するのが手間もなく安心

結論としては、カニのお刺身を食べたいのなら、通販で売られているお刺身用の冷凍カニを買うのがもっとも安心だと思います。

先にあげたカニ通販のカニは品質の高さで評価が高いこと、またポーションタイプの商品はあらかじめカニの殻が剥かれているため、手間もありません。

ただし刺身用として売られていたとしても、解凍してから時間が経てば鮮度は落ちます。

解凍後はできるだけすぐに食べきってしまう事、また鮮度に不安がある場合は、必ず加熱して食べるようにしましょう。





 

ページトップに戻る