head_img

活けガニよりも冷凍ガニの方が美味しいこともある



カニは漁獲されてから時間が経てば経つほど、味が落ちます。
生鮮食品はなんでもそうかもしれませんが、特にカニは鮮度は落ちやすく、その傾向が強いといえるでしょう。

カニはとれたてが一番、新鮮であればあるほど美味しいといっても過言ではありません。

ちなみに新鮮なカニというと、活けガニを思い浮かべますよね。
しかし、多くのカニ通販で販売しているカニは冷凍ガニです。

そうなると、通販のカニは活けガニに比べると味が落ちているのかも…なんて思われる方もいるかもしれませんが、実際には商品によります。

場合によっては、活けガニよりも冷凍ガニのほうがおいしいこともあるのです。




活けガニにもいろいろある



活けガニというと、生きたカニの事を指します。

カニの味は鮮度が命ですから、食べる直前まで生きていることが多い活けガニは、カニとしては最もおいしいはずです。



・・・なのですが、実際にはそうだとは限らないのですよね。

漁獲したばかりのカニを時間をおかずに捌いてすぐに食べるのなら、間違いなく美味しいと思います。

ただ、活けガニが漁獲したばかりのカニであるかというと、そうではありません。

漁獲されてから出荷されるまで、人口の水槽でろくに餌も与えられずに生かされているカニもおり、そういったカニはエネルギー不足やストレスで身が痩せてしまっていることも少なくはありません。

それでも活けガニだと呼べるとは思いますが、そんな痩せてしまったカニが果たして美味しいでしょうか?

たとえ味が美味しかったとしても、カニらしいプリプリとした身は楽しめない可能性が高いです。




冷凍ガニは味が落ちている?



カニの味は鮮度が決めてだと述べましたが、では漁獲されてから時間が経ってしまっている冷凍ガニは味が落ちているのでしょうか?



カニの味にこだわりがあるカニ通販サイトの冷凍ガニは、ほとんどがおいしい時期に水揚げされたカニを、その直後に船の上や浜で湯がき、時間をおかずに業務用の冷凍庫で瞬間冷凍しています。

そうすることで、水揚げした後のカニの旨味や鮮度を長く保つことができるのです。

そういったカニはたとえ冷凍ガニであっても、身がたっぷりと詰まっていますし、ジューシーな旨味も抜けていません。

漁獲した直後に食べるカニほどの美味しさではないかもしれませんが、それに近いおいしさを保てていると考えてよいでしょう。



一方で、活けガニとして売るつもりでしばらく生かされていたカニが売れず、最終的に冷凍ガニとなってしまった場合や、茹でてから時間が経ったカニを冷凍したような場合は、味が落ちている可能性が高いです。

また冷凍してから1年以上が経過したカニも、味が落ちてきています。

最近は冷凍技術が発達しているため、高性能な業務用の冷凍庫であれば賞味期限は最大3年程度まで伸ばせますが、食べられはするものの、長期冷凍された冷凍ガニは正直言っておいしくありません。

そういった冷凍ガニしか食べたことがない場合だと、冷凍ガニ=まずいとなるでしょう。




活けガニだから美味しいと限らないし冷凍ガニだからまずいとは限らない

活けガニであっても冷凍ガニであっても、管理の仕方によっておいしい場合もありますし、美味しくなくなってしまう場合もあります。

いずれも購入する場合は、「〇〇だからおいしい、おいしくない」と決め付けるのではなく、販売されているカニがどのように管理されていたかという点を見極めることが大切です。

カニ通販に失敗したくないというのなら、そういったカニの管理についてこだわりがありそうな業者や、ユーザー評価の高い業者を選ぶのが無難だといえるでしょう。





 

ページトップに戻る